旅行業の登録をしている業者を利用する

旅行をするとき、旅行会社のツアーを利用するときもあれば、計画から予約まですべて自分で行うときもあります。計画から予約まで行う方法だと旅行会社は使わないかですが、航空券のみの購入で使ったり、宿泊施設のみの利用のために使ったりもします。直接購入するよりもこちらの方がお得な時もあるからです。検索サイトを利用すると、どこから購入すればお得になるなどの情報もあります。旅行会社が販売する商品を利用するときの注意は、その旅行会社が登録をしているかどうかです。大手であればほぼ間違いなく登録しているでしょうが、初めて聞くような旅行会社だと少し心配になるでしょう。サイトの中に登録番号がないか確認したり、実際に都道府県などに聞いてみても良いでしょう。

 

日本語で運営している外国の旅行会社

日本人がホームページを作るとき、まずは日本語で作成するでしょう。もし海外の人にも来てもらいたいなら、英語やその他の言語にも対応します。これと逆のケースもあるはずです。英語圏の旅行会社であればまず英語でホームページを作ります。もし日本人にも利用してもらいたいと考えるなら、日本語対応しているホームページを作成します。すると日本人の客を取り込めるようになります。利用者からすると日本語で作成されていると日本の会社が運営しているように見えます。契約をして初めて海外の会社と契約していた事実を知るときもあります。海外の会社でも日本で登録をしているなら問題ありませんが、登録を受けずに営業しているところもあるので注意しましょう。